プロ家庭教師専門・教材費ゼロ・年間契約なし

子どものスマホ事情

先日家庭教師をしていたら、
どれ位スマホを使うか、
どういう使い方をしているか
生徒が教えてくれました。
『同級生で仲のいい15人くらいでグループを作ってて、
その子たちとラインを夜中の2時、3時までやってる~。
グループで少なくても5人はその時間起きてるし、
5時までやってた子もいるよ~』
「次の日学校きついんじゃない?」
『5時まで起きてた子は授業中爆睡してた。
私も寝ていい授業は寝てる~』
とっても楽しそうに話してくれたんですけど、
中学生の女の子です。
もちろんみんながそうではないでしょうが、
珍しい話では無さそうです。
親は、知っていても注意できないか、
注意してもどうにもならない状態か、
寝ていて知らないかでしょう。
仕事や家事で疲れていて、
そんな時間は起きてないでしょうからね。

こういう新しいモノが登場すると、
子供の情報は異様に早くてですね、
大人の対応は後手後手になりがちです。
1つ1つは小さいことかもしれませんが、
積み重なっていくと
大きく歯車が狂いはじめ、
何が常識で、何がおかしいのか
分からなくなってきたりします。
子供の時に規則正しい生活を送ることは、
ことのほか重要に思いますが。

子供が喜ぶからと、みんなが持っているからと
モノだけ渡しておいて、あとから使いすぎだとか、
もっと勉強しろだとか言うのは、
子供たちにとってはちょっと酷な気がするんですよね。
大人たちが束になって日夜考えた”モノ”であり”サービス”なんですから。
子供たちがめちゃくちゃ熱狂するように。
”ハマる”ように。
なので、子供たちの意思だけに任せるのではなく、
ルールを決めて渡すことが重要かなと思っています。

うちの子は大丈夫と思っておられるかもしれませんが、
まぁ、確かに大丈夫かもしれません。
でも、結果大丈夫かどうかではなくてですね、
間違いが起こらないような環境を出来る限り整えておくってことが
親の責任であろうと私は考えています。

そう思って考えました。

スマホのルール

○勉強するときと夜12時以降は部屋に持ち込まない。
○1日に2時間半以上勉強する
○使い方が悪ければストップする。

今振り返って思うのは、
1つめのルールは良かったかなと。
2つめのルールは進学を希望する子には少ないでしょうし、
進学しなかったり、部活中心の子には多いかもしれないですね。
もちろんベストでは無いので、ご参考までに。

 

学院長・プロ家庭教師
川辺 健一郎

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-777-697 受付時間 10:00~19:00 [日曜休]

PAGETOP
Copyright © かわべ家庭教師学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.