プロ家庭教師専門・教材費ゼロ・年間契約なし

私の受験

私は大学生の頃から家庭教師を始めて25年になります。
プロ家庭教師という職業ですから、
自分の受験はどうだったのか、
っていうのを総括しておこうと思います。

私は九州の宮崎県日向市出身で、
高校は地元の日向高校に行きました。
市内には普通科の日向高校と、商業高校と工業高校が
それぞれ1校ずつ合計3校あるだけで、
私立高校は1校もないので、
進路で迷うという人はほぼいなかったと思います。
当時は希望通りの高校に
ほとんどの人が行けるようになってました。
志願者が多くなれば
高校の定員が1クラス分増える!みたいなね(笑)
なので、地元の日向市には高校受験っていう程の
競争とかはあまりない感じでしたね。
中学では成績もそれなりだったんですが、
高校に入ると低迷しました。
そんなに遊んでいた記憶はなく、
勉強やっていたと思うんですけどね、
偏差値でいうと60を超えることは滅多に無かったと思います。
高校では理系クラスだったんですが、
英語を本格的に勉強したくなって
高3の時に進路を英語系の学部に変更。
そして大学受験・・・全敗。
箸にも棒にもかからないとは
まさにこのことだったと思います。
当時は受験生もかなり多くて、
無理して現役で大学に行かなくても・・・
みたいな風潮がありましたね。(←親にとっては大迷惑)
私は別ですが、
とても優秀だった同級生もたくさん浪人しました。
私も予備校を福岡の代々木ゼミナールに決めて、
浪人生活となりました。
この時のエピソードで覚えていることがあります。
浪人する仲間もだいたい福岡に行くことになってたんですが、
よく一緒に勉強していた友達が、
東京の代々木ゼミナールに行くみたいだったんですね。
それを知った父がですね
「お前も東京に行きたいんじゃないのか?」と。
「遠慮しないで、東京で浪人してもいいんだぞ」って。
当時自分は本当に福岡で浪人したかったんで
(それでも十分贅沢な話なんですが)、
聞き流しましたけど、
今でも忘れられない言葉です。
私がお金のこととか気を遣って福岡にしたんじゃないかと
親は心配してくれたんでしょうね。
あ~親って、すごい子供のこと考えてくれてるんだなと。
応援してくれてるんだなと。
身に染みました。
いや今も染みてます(;^_^A

次ページ (私の受験 2)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-777-697 受付時間 10:00~19:00 [日曜休]

PAGETOP
Copyright © かわべ家庭教師学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.