元プロ野球の大スター選手が

覚醒剤で逮捕された先日のニュースは

個人的にも大変ショックでした。

彼のプロ野球だけでなく、

甲子園での活躍は鮮明に覚えていますからね。

日本シリーズ制覇目前、

ファーストで感極まって涙したことも。

覚醒剤って何なんでしょう?

やって良かったって言う人が1人でもいますか?

体に悪いことは、

特に脳には相当なダメージがあることは

はっきりしてるのに、

そして1回でもやってしまったら

やめるのは相当難しいことも分かっているのに、

どうしてやっちゃうんでしょうかね。

弱いから・・・とか理由になってない。

弱いなら尚更やったらいかんでしょう。

結局はやめないといけないんだから。

やめるって相当きつそうです。

クスリが切れたら、

何をしてでも欲しくなると。

人を殺してでも。

それが、何よりも最優先になるんだと。

恐ろしいです。

そこをしっかり想像しておかないといけません。

簡単にやめられる方法は見つかってないんです。

だから、興味本位とか論外だし、

いくらちょっと気持ちいいからといって

目先のことだけ考えて

手を出したりするもんじゃない。

覚醒剤に手を出すということは、

それがどれだけ恐ろしいことかという

想像力を著しく欠いた

人として非常に恥ずかしいことなんだという認識を

みんなで共有しておきたいです。

そこに納得できるような正当な理由なんて1つもない。

そして、使ってしまった人には

その恐ろしさを

生涯かけて

みんなに知ってもらう活動をしていただきたい。

そして、結果として完全に断ち切ったひとに

なって欲しいです。

苦しいのは嫌です。

でも苦しんでいる人を見るのも、嫌です。