みなさん、こんばんは。

この時期は中学3年生が修学旅行の時期でして、

今日から豊橋市の二川中と田原市の泉中の3年生が

来週は豊岡中が修学旅行ですね。

みんなにとって楽しい旅行になって欲しいです。

さて、先日、家庭教師のお申し込みを頂きまして、

ご要望など詳細をうかがうため

翌日に私が生徒のお母さんに電話をしました。

説明を全て終えて、いつもお聞きすることがあります。

「ウチは何でお知りになりましたか?」

答えのほとんどが紹介かホームページです。

この前「Hanamaluを見て」っていうのもありましたけどね(^_^;

あるんですね~(笑)

ところが今回はそのどれでもありませんでした。

「以前そちらでお世話になってました」

ん?

一瞬うちの元スタッフかと思いましたがそれも違いました。

なんと

私がいま電話でお話ししているお母さんは、

私が以前家庭教師をした教え子でした!

スゴ~イ。

名前を聞いて、すぐに当時のエピソードが4つくらい思い出されました。

感動です!

これは言葉ではとても言い表せないほど感慨深いものがあります。

いくつか理由はあるんでしょうが、

こうなるにはそれなりの時間、

少なくとも10年はかかるっていうのも一つの理由でしょうかね。

家庭教師をした生徒の、

そのお子さんもまた家庭教師をするという

このパターンは2回目なんですが、

最初の時と同じくらいシビれました。

また起こるなんて全く予想してなかったです。

卒業して、

結婚して、

お母さんになって、

そしてまた我が子に同じ家庭教師をっていうね。

調べたらおよそ13年ぶりの再会になるみたいです。

そんな感動の瞬間が、もうすぐ訪れようとしてます!