みなさん、こんばんは。

私が代ゼミ時代にお世話になった先生の著書

『自由英作文のすべて』

自由英作文という、

大学受験英語の中でも

対策が難しく雲を掴むようなイメージでもあるのに、

あえて「すべて」とタイトルで言い切っちゃってるところに、

自信と凄みを感じます。

表紙のメッセージもやる気をあおってくれますね~♪

「自由英作文では

満点をとらなくてはならない」と、

大学受験生に私は長い間言い続けてきています。

自由に書いてよいのに減点されるというのは、

あまりにばかばかしいことに思えます。」

自由英作文の傾向と対策を熟知した

鬼塚先生のストラテジーを堪能できます。

なるほど~と唸るところ多数で、非常に勉強になりました。

代ゼミは当時(1989年頃)サテラインといって

東京の代ゼミ本校から衛星中継で

全国の各校舎に生中継で授業を流し始めた頃です。

鬼塚先生と、たしかハミルトンという外国の先生2名で

生徒が黒板に書いた英作文を添削し、批評し、

言い換えやもっと適切な表現をアドバイスしてくれる授業でした。

思い出すと懐かしいですね♪