みなさん、こんにちは。

第10問は

の解き方で、いきなり代入する方法や

因数分解してから代入する方法とは全く別の解法を見つけることでした。

例えば、x(x-6)+9と変形して代入したりするのは、

逆にちょっと手間ですね。

この解法は、数学な得意な生徒には軽く紹介してみるんですが、

まず思いつかないみたいですね。

ちょっと発想を変えてみましょう。

 

【解法3】 条件を変形する

この問題の場合は、条件を変形して2乗するだけで

答えが出てしまいます。

『右辺をルートだけにして2乗すればルートが消える』

というところからスタートしてます。

これはかなりうまくいったほうではありますが、

すごい偶然というわけでもなく、

このやり方でうまくいく問題は結構多いんです。

式の値の問題で、この”条件を変形する”という発想は、

高校の数学でも十分使えたりしますので、

頭の片隅にでも覚えておくと良いかなと思います。

聞かれてませんが、

数友の別解にのせていいですよ♪(笑)