みなさん、おはようございます。

だいぶご無沙汰になってしまいました(^_^;

公立高校入試が終わる3月中旬までは

あまりパソコンの前に座る時間がなさそうで

ブログの更新も少なくなってしまいそうです。

新しく入ってくる生徒は(あまり偏りがなく)年間を通して

いるのですが、

進路が決まるこの時期、やめていく生徒は多い時期です。

先日も中3の女子生徒の指導が最後でした。

小5からスタートしてましたので・・・5年ですか。

毎週1回、同じ曜日、同じ時間に5年通ってきたわけですが、

そういう日々を、

当たり前の日常のように

ちょっと感じてしまっていたんじゃないかと

最後の指導中にふと思いました。

それは”当たり前”なんかじゃ当然無く、

子供たちにとってとても貴重で、

かけがえのない時間なのでした。

家庭教師は、そんな時間を信頼して

任せていただいているわけですから、

「自分の全てを伝えられたか」

そう自分に問いながら、

少しでもプラスになるような”何か”を

提供していかなければと切に思いました。

長い間続けてくれてありがとう。

いつも優しく笑ってくれて、何度も救われました。

新しい場所で

新しいステキな出会いと、

スゲェ楽しい日々が待ってることを願ってます♪