みなさん、おはようございます。

中学2年生の家庭教師でのことです。

一次関数を勉強してまして、

傾きと切片を求めて、一次関数の式を求める問題を練習してました。

y=3x+5みたいな式です。

この式では傾きが3で、切片が5ですよね。

習い始めの頃は、傾きと切片を求めたい!

それさえ分かれば答えが出る!感が強くなりすぎて、

こんな解答を書いてしまう生徒がちょくちょくいるんです。

y=3+5

そうなんです。

3xのxを書き忘れちゃうんですよね。

「それ、3+5なら8やん!おかしいやろ?」

みたいな突っ込みを私から入れられますw

それで先日も

「こういうミスをしないように注意しようね!」

って話したところ

「あ~それ!

うち、この前それやっちゃった!!」

お~これはいいタイミングだったなぁ~と思っていたら

続けて

「今からそれ説明して!

何度も言われるとウザくて忘れちゃうから、

1回で分かりやすくね!!」

さらに、

「ちょっと笑えるような、面白い感じで説明して!!!」

はぁ???

どんだけ注文多いねんwww

戸惑っていると

「はい、どうぞ!」

何が、はいどうぞ!やねん。

宮沢賢治もビックリの注文の多さでした♪